純文学の書評

【横光利一】『頭ならびに腹』のあらすじ・内容解説・感想

冒頭の一文が非常に有名な短編です。その一文がきっかけで、横光利一の属する同人(自費で雑誌を出版するグループ)は新感覚派と呼ばれるようになりました。

今回は、横光利一『頭ならびに腹』のあらすじと内容解説、感想をご紹介します!

『頭ならびに腹』の作品概要

著者横光利一(よこみつ りいち)
発表年1924年
発表形態雑誌掲載
ジャンル短編小説
テーマ

冒頭の「特別急行列車は満員のまま全速力で馳けていた。沿線の小駅は石のように黙殺された」という擬人法が使われた文章が、画期的だと評されました。ショートショート(短い短編小説)よりも短い作品ですが、奥が深い小説です。

著者:横光利一について

  • 川端康成と同じく、新感覚派を代表する作家
  • 代表作は、『蠅』『日輪』『頭ならびに腹』『機械』
  • 倫理観が感じられない作風が特徴。
  • 擬人法などを使った奇抜で新しい文体を用いた

戦後は、戦争協力を非難されて評価されませんでした。死後、徐々に横光の作品は分析が進み、再評価されるようになりました。新感覚派については、以下の記事をご覧ください。

新感覚派とは?特徴・代表作家・作品を含めてわかりやすく解説近現代の文学を読むには、文学史の理解が必要不可欠です。作家の流派によって、作品の書きぶりが変わってくるからです。 今回は、プロレタ...

『頭ならびに腹』のあらすじ

ある日の真昼、特別急行列車に乗っている1人の子僧は、大声で歌を歌っていました。そんなとき、列車は突然止まってしまいます。運転再開のめどが立たず、乗客たちは困り果てました。

そして、車掌が「前の駅まで引き返す列車が来る」という報告をしに来ました。乗客たちは、周囲を見て他の乗客の動きに目を向けます。

登場人物紹介

子僧

列車に乗っている少年。ずっと歌を歌っている。

『頭ならびに腹』の内容

この先、横光利一『頭ならびに腹』の内容を冒頭から結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください。

一言で言うと

群衆と子僧

急停車

ある日の真昼、満員の特別急行列車は全速力で走っていました。そして、1人の子僧が大声で歌い出します。始め、他の乗客は子僧を見て笑っていましたが、次第に子僧を気にしなくなります。

その時、列車は急停車しました。車掌は、「H、K間の線路に故障が起こりました」と言うだけで、いつ運転が再開するがめどが立っていないと言います。

乗客はいったん外に出て、この土地の宿に泊まるか、運転再開を待つか、出発した駅に戻るかという選択を強いられます。子僧は、このような状況でも歌い続けます。

鶴の一声

その時、車掌が「S駅まで引き返す列車が参ります。お急ぎのお方はその列車でS駅からT線を迂廻(うかい)して下さい」と連絡が入り、切符を入れる箱を用意しました。群衆は、「切符を出す人はいるか?」とあたりを見回します。

そして、群衆の中から1人の太った紳士が出てきます。そのいかにも金持ちそうな紳士は、不気味に笑って「こっちの方が人気があるわい」と言いました。すると、それまで息をひそめていた群衆はいっせいに箱に殺到します。

「押すな!押すな!」と、群衆は我先にとS駅に戻る列車に乗り込みます。そして、S駅に戻る列車が出発した後、「皆さん、H、K間の故障は直りました」と車掌が言いに来ます。しかし、車内には子僧しか残っていませんでした。

列車は、目的地に向かってまた走り出します。子僧は、目をキョロキョロさせながら歌いました。

『頭ならびに腹』の解説

冒頭の一文について

特別急行列車は満員のまま全速力で馳けてゐた。沿線の小駅は石のやうに黙殺された。

今読んでみるとなんともない文章ですが、当時これは画期的な文章でした。なぜでしょう?

それは、擬人法が使われているからです。擬人法は、「人間以外のものに人間の表現を用いる」という点で、相対的に人間の地位を引き下げる技法です。これは、新感覚派が積極的に用いました。

人間の用いた暴走する科学に疑問を持った新感覚派の作家たちは、人間を疑いました。また、これは現実を重視する自然主義への反発でもあります。

 

自然主義の作家たちなら、冒頭の文を「急行列車は、時速○○キロで通り過ぎた」と書くでしょう。自然主義作家は、現実に忠実だからです。

一方で、横光は擬人法や比喩を使いました。列車には足がないので駆けることはできませんし、駅はいくら小さくても石ほどではありません。忠実にリアルを再現しなくても良いと考えた横光は、少し創作の要素を加えて描きました。これが、新感覚派の特徴です。

横光が描く少年

横光の初期の作品では、少年が特権的に描かれることが多いです。常識や固定観念に侵されていない柔軟な思考で、未来を切り開いていく人物として描かれます。

『蠅』という作品でも、馬車の狭い空間で話し込んでいる大人をよそに、少年だけが外の景色を見ています(外の世界に目を向けているということ)。

『頭ならびに腹』でも、同じことが言えます。子僧は、太った紳士の声に惑わされず、自分で列車に残ると判断した結果、誰よりも先に目的地に向かうことができたからです。少年の歌の内容も謎が多いので、今後検討する必要があると思います。

『頭ならびに腹』の感想

タイトルについて

「頭」は群衆を、「腹」は太った紳士を表していると思います。面白いのは、この小説には固有名詞が1つも出てこないことです(『蠅』などもそうです)。横光が属する新感覚派には、「個人の人間最高!」みたいな人間中心主義に対抗する雰囲気があります。

固有名詞を使わないで、「車掌」「子僧」のように人物を記号で表現しているところに、ヒューマニズムへの反発が表れていると感じました。

同調意識

影響力のありそうな紳士の一言によって、群衆が折り返しの電車に殺到するシーンは、本当に滑稽です。何も考えていない群衆を揶揄しているようです。

でも、日常にはこういう場面はたくさんあると思います。日本人は特に同調意識が強く、「誰かがやるからやる」みたいな意識があることは否定できません。

「何も考えないで他の人と一緒にぞろぞろ動いていると、紳士について行った乗客のように、チャンスを失う」と言われているようで、少しどきっとしました。

最後に

今回は、横光利一『頭ならびに腹』のあらすじと内容解説、感想をご紹介しました。

乗客が電車を乗り換えるという、何の変哲のもないストーリーですが、そこには新しい文体への挑戦や、人間の心理が隠れています。ぜひ読んでみて下さい!

↑Kindle版は無料¥0で読むことができます。

ABOUT ME
yuka
yuka
本が大好きな女子大生です。 図書館にこもって貪るように絵本を読んだ幼稚園児時代、学校の図書室の本を全制覇することを目標にした小学生時代を過ごし、立派な本の虫になりました。
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です