純文学の基礎知識

おすすめランキングでわかる!五大文芸誌の違いと特徴一覧

純文学の雑誌の代表は、「文學界」「新潮」「群像」「すばる」「文藝」の五誌です。いずれも多くの作家を生み出した、現代日本文学の中心的な存在となっている雑誌です。

内容は、作家の連載や読み切りの作品の掲載、作家へのインタビューや対談など多岐に渡ります。これらに掲載された短編・中編が芥川賞の候補になることが多いです。

今回は、「文芸誌を読んでみたいけど、どれが良いか分からない」「種類がたくさんあって選べない」という方向けに、五大文芸誌の違いと特徴をご紹介します!

評価について

おすすめランキングを付けるにあたり、定価・発行部数・芥川賞受賞作品数(参考:直木賞 芥川賞受賞作一覧)の3項目で比較をしました。

定価は「買いやすい」という観点から、安いものから順に5点~1点、発行部数・芥川賞受賞作品は多いものから順に5点~1点というように点数をつけ、合計点の多い順に1位~5位のランク付けを行いました。

※データは、すべて2020年11月現在公表されているものを参考にしています。

五大文芸誌おすすめランキング

上記の基準に沿って文芸誌を評価し、おすすめ順にご紹介します。

1位:文學界(ぶんがくかい)

定価990円
発売日毎月7日
刊行形態月刊
創刊1933年
部数10,000部
判型
出版社文藝春秋
主催する賞文學界新人賞
芥川賞受賞作品数63作品

「文學界」は、文藝春秋が出版する純文学界を代表する文芸誌です。小説だけでなく、エッセイ・戯曲・音楽・評論とバラエティに富んだ誌面構成で、読みごたえがあります。不定期に組まれる特集も要チェックです。

芥川賞受賞作品数は、63作品と五誌の中で最多。受賞作品数2位の「新潮」の30作品に、圧倒的な差をつけています。

読んだことのある作品が芥川賞に選ばれることは嬉しいですし、どれが受賞するのか予想するのも楽しいです。文芸雑誌ビギナーにぜひおすすめしたい雑誌です。

created by Rinker
文藝春秋
¥990
(2020/12/03 20:32:24時点 Amazon調べ-詳細)

2位:新潮(しんちょう)

定価1,100円
発売日毎月7日
刊行形態月刊
創刊1904年5月
部数6,340部
判型A5版
出版社新潮社
主催する賞新潮新人賞
芥川賞受賞作品数30作品

「新潮」は、新潮社が出版する1904年5月創刊の雑誌です。さまざまなアーティストからの寄稿も受けており、幅広い作家の作品が掲載されます。

「新潮」に掲載されて芥川賞を受賞した作品は、石井遊佳『百年泥』、町屋良平『1R(ラウンド)1分34秒』、高山羽根子『首里の馬』などがあります。

created by Rinker
新潮社
¥2,594
(2020/12/04 01:09:06時点 Amazon調べ-詳細)

2位:群像(ぐんぞう)

定価980円
発売日毎月7日
刊行形態月刊
創刊1946年10月
部数6,250部
判型A5判 無線とじ
出版社講談社
主催する賞群像新人文学賞
芥川賞受賞作品数22作品

「群像」は、講談社で最も歴史のある雑誌です。主催する群像新人文学賞には、小説部門だけではなく評論部門も設置。書くプロのみならず、読むプロの発掘にも貢献しています。

小説部門では、W村上(村上龍、村上春樹)など著名な作家を輩出しています。講談社が主催する文学賞・「野間文芸賞」「野間文芸新人賞」の受賞発表は、この「群像」の紙面上で行われます。

created by Rinker
講談社
¥1,500
(2020/12/03 20:32:24時点 Amazon調べ-詳細)

4位:すばる

定価970円
発売日毎月6日
刊行形態月刊
創刊1970年5月
部数5,000部
判型A5判
出版社集英社
主催する賞すばる文学賞
芥川賞受賞作品数4作品

「すばる」は、集英社が出版する文芸雑誌です。発行部数の56%が関東で販売されているため、関東ではかなりメジャーな雑誌と言えます。気鋭の若手から人気作家まで、幅広い作家の作品をそろえているのが特徴

『すばる』に掲載されて芥川賞を受賞した作品は、三木卓(みき たく)の『鶸(まひわ)』、金原ひとみの『蛇にピアス』、田中慎弥の『共喰い』、古川真人『背高泡立草(せいたかあわだちそう)』の4作品です。

購読者の39%を20代が占めており、若い世代から支持を受けています。小説以外にも、評論や翻訳、映画、美術などをテーマにした特集が不定期で掲載され、さまざまな知見を得られる雑誌です。

created by Rinker
¥960
(2020/12/03 20:32:25時点 Amazon調べ-詳細)

5位:文藝(ぶんげい)

定価1,485円
発売日1月、4月、7月、10月の7日
刊行形態季刊
創刊1933年
部数
判型A5判
出版社河出書房新社
主催する賞文藝賞
芥川賞受賞作品数10作品

「文藝」は、河出書房新社が出版する文芸雑誌です。「文学の『いま』を伝える」というコンセプトを掲げていることもあり、文芸シーンに新たな風を吹き込む作家を輩出しています。

ほかの雑誌に比べると若干価格が高いように感じられますが、「文藝」は季刊なので年に4回しか発行されません。

月刊の雑誌がだいたい1,000円くらいだとすると、購読した場合1年で12,000円かかりますが、「文藝」は1年で約6,000円です。その意味でコスパは五誌の中でダントツ1位なので、「文芸誌を読みたいけど出費は抑えたい!」という人にぴったり。

 

「文藝」に掲載されて芥川賞を受賞した作品は、芥川賞受賞受賞の最年少記録を持つ綿矢りさの『インストール』、 若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』、遠野遥『破局』などがあります。

自由で一風変わった作品が取り上げられることが多いので、堅い作品よりも目新しいものが好きな人におすすめです。

created by Rinker
河出書房新社
¥1,485
(2020/12/04 01:09:07時点 Amazon調べ-詳細)

番外編

五大文芸誌は純文学の雑誌であり、掲載されている小説は芥川賞系の「堅い」小説です。一方で、直木賞系のエンターテイメント小説を掲載する雑誌もあります。

各出版社は、純文学系の雑誌と大衆小説系の雑誌をそれぞれ刊行していることが多いです。例えば、文藝春秋の純文学部門は「文學界」が、大衆小説部門は「オール讀物」が担っています。

ここでは、番外編としてエンターテイメント小説の雑誌を紹介します。

オール讀物(オールよみもの)

定価1,000円
発売日毎月22日
刊行形態月刊
創刊1930年
部数
判型
出版社文藝春秋
主催する賞オール讀物新人賞

「オール讀物」は、文藝春秋発行のエンターテイメント小説雑誌です。水彩画のように淡いタッチで、素朴でのどかな風景を描いた表紙が特徴。

時代小説とミステリーが多く掲載されるため、これらのジャンルが好きな方におすすめです。

created by Rinker
¥1,000
(2020/12/04 01:09:08時点 Amazon調べ-詳細)

小説現代

定価1,000円
発売日毎月22日
刊行形態月刊
創刊1962年
部数
判型A5判 無線綴じ
出版社講談社
主催する賞小説現代長編新人賞

「小説現代」は、講談社が発行するエンターテイメント小説です。2018年9月から休刊し、2020年の2月にリニューアル復刊しました。それまでの表紙はイラストメインでしたが、リニューアル後は画像や著名人を起用するようになったという印象があります。

長編一挙掲載を中心に、読み切りやエッセイ、コラムなどボリューム満点です。長編の連載は先の展開がどうなるのか待ち遠しかったり、間が空いて前の号の内容を忘れてしまったりしますが、一挙掲載なのでその心配はなさそうですね。

五木寛之・伊集院静・朝井まかてなど、数多くのベストセラー作家を輩出しています。

created by Rinker
¥1,000
(2020/12/04 01:09:08時点 Amazon調べ-詳細)

小説新潮

定価1,000円
発売日毎月22日
刊行形態月刊
創刊1947年
部数8,717部
判型A5判
出版社新潮社
主催する賞

「小説新潮」は、新潮社が発行している大衆小説雑誌です。エンターテインメントを筆頭に、ファンタジーやミステリーなどジャンルを問わず様々な小説を扱っています。

created by Rinker
¥1,000
(2020/12/03 20:32:26時点 Amazon調べ-詳細)

小説すばる

定価960円
発売日毎月17日
刊行形態月刊
創刊1987年11月
部数9,000部
判型A5判
出版社集英社
主催する賞小説すばる新人賞

「小説すばる」は、集英社が発行するエンターテイメント小説雑誌です。若手から実力派まで、人気作家の新作が刑されているところがポイント。エッセイ・漫画・書評なども充実した、盛りだくさんの内容となっています。

主催する小説すばる新人賞は、村山由佳、荻原浩、熊谷達也、朝井リョウなど多数の直木賞作家を輩出しました。

読者のボリュームが多いところを抜粋すると、20代が25%、30代が28%、60代が20%となっており、若い世代を中心に幅広い年代から支持されていることがうかがえます。

created by Rinker
¥960
(2020/12/03 20:32:25時点 Amazon調べ-詳細)

小説 野性時代

定価860円
発売日毎月12日
刊行形態月刊
創刊2003年11月
部数20,000部
判型A5判
出版社KADOKAWA
主催する賞

KADOKAWAが発行する、2003年創刊の比較的新しい雑誌です。アイドルや俳優の画像を大胆に使用した、一見ファッション雑誌のような表紙が印象的です。

2014年には、黒川博行『破門』が直木賞を受賞しました。話題作を発信し続け、角川書店の伝統を担う小説誌と言えます。

読者の男女比は5:5で、特に偏りはなくバランスの良い内容となっています。読者の平均年齢は40歳と比較的高め。

定価は860円で他の雑誌に比べてリーズナブルなので、気になった方はぜひ手に取ってみて下さい!

created by Rinker
KADOKAWA
¥880
(2020/12/04 01:09:09時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、五大文芸誌の違いと特徴をご紹介しました。以下に比較表をまとめました。

定価発売日創刊部数出版社芥川賞受賞作数
文學界990円毎月7日1933年10,000部文藝春秋63作品
新潮1,100円毎月7日1904年6,340部新潮社30作品
群像980円毎月7日1946年6,250部講談社22作品
すばる970円毎月6日1970年5,000部集英社4作品
文藝1,485円1,4,7,10月の7日1933年河出書房新社10作品

数値化できるものだけで比較して順位を付けましたが、各雑誌にはそれ特有の雰囲気があって優劣が付けられません。

どの雑誌にも個性があり、合う合わないは人それぞれです。本屋さんで目次を見てみて、気になった記事があったものを買うのも良いですし、好きな作家が連載しているものを読むのも良いでしょう。ぜひ自分に合った雑誌を見つけてみて下さい!

ABOUT ME
yuka
yuka
本が大好きな女子大生です。 図書館にこもって貪るように絵本を読んだ幼稚園児時代、学校の図書室の本を全制覇することを目標にした小学生時代を過ごし、立派な本の虫になりました。
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です