純文学の書評

【夏目漱石】『それから』のあらすじ・内容解説・感想

漱石の略奪愛シリーズ第二弾『それから』。漱石の前期三部作は、『三四郎』『それから』『門』というラインナップで、『それから』は『三四郎』の続編として読まれることが多いです。

今回は、夏目漱石『それから』のあらすじと内容解説、感想をご紹介します!

『それから』の作品概要

著者夏目漱石(なつめ そうせき)
発表年1909年
発表形態新聞掲載
ジャンル長編小説
テーマ略奪愛

『それから』は、1909年に朝日新聞(6月27日〜10月4日)で連載された夏目漱石の長編小説です。定職に就かず、実家の傍目で悠々自適に暮らす主人公が、友人の妻と生きる決意をするまでが描かれています。1985年には映画化、2017年には舞台化されました。

著者:夏目漱石について

  • 芥川を発掘
  • 森鷗外のライバル
  • ロンドンに留学するも、精神を病んで帰国
  • 教師、大学教授を経て新聞社に入社

夏目漱石は、当時大学生だった芥川龍之介の『鼻』を絶賛しました。芥川はそれによって文壇デビューを果たしました。また、森鷗外は執筆活動を中断していた時期がありましたが、漱石を意識して執筆を再開したという話が残っています。

漱石は、東大を卒業後に教師や大学教授を経て政府からロンドン留学を命じられます。しかし、現地の雰囲気に上手くなじめずに精神を病んでしまったため、帰国を余儀なくされました。

帰国後、漱石は朝日新聞の専属作家(朝日新聞で小説を連載する小説家)となりました。当時多くの新聞社からオファーが来ていましたが、その中で朝日新聞が提示した月給が一番高かったため、漱石は朝日新聞に入社しました。

 

また、漱石は造語を多く用いました。漱石の造語で、今日一般的に使用されている言葉には、「浪漫(ロマン)」「沢山(たくさん)」などがあります。

他にも、「高等遊民(高等教育を受けたにもかかわらず、仕事をしないで過ごす人のこと)」「低徊趣味(ていかいしゅみ。世俗的な気持ちを離れて、余裕を持って物事に触れようとする趣向)」があります。

漱石の門人・門下生には、寺田寅彦・和辻哲郎・芥川龍之介・久米正雄・松岡譲などがいました。漱石の作品は、国外でも評価されています。

月が綺麗はウソ?夏目漱石の意外なエピソードや作風の特徴を解説夏目漱石というと、『吾輩は猫である』のイメージが強いのではないでしょうか。しかしそれだけではなく、実は教員や新聞記者、小説家など様々な方...

『それから』のあらすじ

学生時代、代助は知人の妹である三千代のことが好きでした。代助の友人である平岡も、同じく三千代に好意を寄せていました。しかし、代助は銀行勤めをしていて、安定した収入がある平岡の方が三千代を幸せにできると考え、平岡と三千代を結婚させました。

その後しばらくして、代助は平岡が失業したことや、夫婦仲が上手くいっていないことを知ります。そして、代助は密会を重ねるようになりました。

登場人物紹介

代助(だいすけ)

30歳の主人公。無職のまま実家に頼って、優雅な生活を送る高等遊民(漱石の造語。高等教育を受けながらも就職せずに遊んでいる人のこと)。

平岡(ひらおか)

代助の友人。銀行に勤めていて、代助と共通の友人の妹・三千代と結婚した。

三千代(みちよ)

平岡の妻。兄が代助・平岡と親交があった関係で、平岡と結婚した。

『それから』の内容

この先、夏目漱石『それから』の内容を冒頭から結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください。

一言で言うと

「妻、お譲りします」

プー太郎・代助

代助は、事業で成功した父親のお金で悠々自適の日々を送っています。彼は大学卒業後、就職せずに世間と距離を置いていました。そうした態度を父親にとがめられ、代助は佐川(さがわ)財閥の令嬢との結婚を勧められます。

しかし代助にはその気が全くなく、そうした生活を止めようとはしませんでした。そして代助は、何だかんだ面倒を見てくれる兄嫁の梅子(うめこ)に甘えていました。

 

一方で、代助の親友の平岡は、大学卒業後は銀行に就職して支店勤務をしていました。

そんなとき、代助は平岡との共通の知人だった菅沼(すがぬま)が亡くなっていたことと、その父親と妹の三千代が残され、北海道で貧しい生活を送っていることを知ります。

実は代助・平岡と三千代は、菅沼に紹介されて知り合いになっていました。さらに代助は、三千代に恋心を抱いています。

しかし、三千代の今後のことを考えた代助は、銀行勤めで安定した収入のある平岡と三千代を結婚させます。そのあと三千代は、子供の死をきっかけに歩けないほど体調を崩してしまいました。

動き出す歯車

平岡は、会社の金を使い込んだ部下の罪を被って、銀行を辞めざるを得なくなりました。そして三千代と代助のもとを訪れ、代助に「仕事を紹介してほしい」と頼みます。

代助は、収入のある平岡なら三千代を幸せにできると思って2人を結婚させましたが、それが裏切られる結果になったことを嘆きました。

三千代のことを心配する代助は、平岡がいないときを狙って三千代を訪ね、沈みがちな彼女の心を慰めるようになりました。そして、平岡は新聞社に就職することが決まります。

告白

ある日、三千代が代助の自宅を訪ねてきます。病気の三千代の入院費や治療費を払うために平岡が借金をしていたので、代助に500円(150万円くらい)を貸してくれるよう頼みに来たのです。

代助は、すぐにそのお金を用意できなかったため、兄の誠吾(せいご)に金を借りようとしますが、全く相手にされませんでした。仕方なく、代助は兄嫁の梅子に頭を下げて200円を借ります。

 

それからしばらくの後、芸者遊びを控えていた代助が久しぶりに料亭に顔を出すと、そこで平岡にばったり会ってしまいます。

平岡は、三千代が密かに借金をお願いしに回っているとも知らずに芸者遊びをしており、家に帰らない日も増えていました。「家に居ても面白くない」と話す平岡に、代助はいらだちを感じます。

そして、「平岡と三千代を結婚させたのは間違いだった」と激しく後悔するのでした。一方で、代助は進んでいた佐川財閥の娘との縁談を破棄したいと梅子に伝えます。

「自分には好きな女性がいるのです」と言いますが、これまでもそう言って縁談をうやむやにしたことがあったため、 梅子は本気にしてくれませんでした。

 

思い詰めた代助は、三千代を自宅に呼び、「僕にはあなたが必要だ」と告白します。そして三千代は、実は結婚前から代助のことが好きだったが、代助にその気が無いことを察して、仕方なく平岡と結婚したのだと明かしました。

「平岡と結婚する前に言って欲しかった」と三千代は涙を流します。

父親がこれまで代助を遊ばせていたのは、代助の佐川財閥の娘との政略結婚で、事業を安定させるためです。それを知りながらも、三千代へ告白した手前あとに引けないと考えた代助は、佐川の娘との縁談を断ります。

怒った父親は、代助への生活費援助をやめると宣言します。そうは言いながらも、父親・兄の誠吾・その妻の梅子は、代助がさすがに本気で破談する気だとは思っていませんでした。

どちらを選ぶ?

三千代と密会を重ねる代助は、いよいよ就職しなければならないと思い詰めていました。また、三千代とのことを平岡に伝える必要があり、代助は平岡に手紙を書きます。しかし、返事は一向に来ません。

代助が使いを出すと、三千代が倒れたとのことでした。三千代は平岡に、「謝らなくてはならないことがあるので、代助のところに行ってほしい」と言います。

代助は、訪ねてきた平岡に「三千代を譲ってほしい」と頼み込みます。平岡は、「三千代を譲ることは許すが、三千代の体調が回復してからにしてほしい」と言いました。そして2人は絶交しました。

 

平岡は、そのいきさつを代助の父親に手紙で知らせます。縁談を断った上に人妻を奪い、その事実を平岡経由で知らされたことに父は激しく怒ります。そして代助と絶縁することを宣言しました。兄夫婦もそれにならい、代助とは縁を切ります。

こうして代助は、恵まれた生活や家族を捨てて三千代を選び、世間の荒波に揉まれる覚悟をしたのです。そして代助は、仕事を探すために町に飛び出しました。

『それから』の解説

なぜ規制されなかった?

『それから』は不倫の話です。当時は姦通(かんつう)罪という罰則で、夫を持つ妻がそれ以外の男性と関係を持つことは、れっきとした犯罪でした。

そして、こういう道徳的にアウトな文学作品は、国から発禁処分を受けました。三千代は代助と関係を持っているので姦通罪に当てはまるのですが、これは発禁になりませんでした。なぜなのでしょうか?

 

1つ大きな理由として、検閲官の裁量によって発禁にするかしないかが決まったというのがあります。

それ以外には、発禁処分の対象となる「姦通・アンチ天皇を掲げる不敬(ふけい)・わいせつな描写」が『それから』では大っぴらに描かれていないからと言うのが挙げられます。

『それから』には確かに姦通の要素はありますが、あくまで「代助と三千代はお互いのことが好き」という精神面だけで繋がっていました。

そのため、『それから』ではプラトニックな恋愛が描かれます。だからこそ、「姦通っぽいけど許容範囲」という感じで、『それから』は発禁処分を免れたと言えます。

『それから』の感想

代助が三千代に告白するシーンを読んで、「これほど感動しない告白があるんだ」と思いました。三千代は、遅すぎる告白を「残酷だわ」と涙を流しながら受け止め、代助もそれを黙って見つめたままです。

そして代助は、三千代の家を出るときに「万事終わった」と思いました。数年越しの恋がやっと実ったのに、「もう終わりだ」という暗い気分になるのは不思議です。

 

その理由は、女性の浮気は犯罪だったからです。代助が人妻の三千代に告白することは、今よりもハードルが高かったのです。漱石はイギリスへの留学経験があるので、西洋の自由恋愛の考えにいち早く触れていました。

そのため、人妻が浮気したら即逮捕・親の言う通りの愛のない結婚が強制された当時の日本に対して、「もうちょっと、自由に付き合ってもよくない?」と問いかける意味で、『それから』は執筆されたのかなと思います。

最後に

今回は、夏目漱石『それから』のあらすじと内容解説・感想をご紹介しました。

三千代が花瓶の水をコップに注いで飲む衝撃的な場面があったり、指一本触れないプラトニックな不倫が描かれたりと、型破りな小説です。青空文庫でも読めるので、ぜひ読んでみて下さい!

青空文庫 夏目漱石『それから』

↑Kindle版は無料¥0で読むことができます。

ABOUT ME
yuka
yuka
本が大好きな女子大生です。 図書館にこもって貪るように絵本を読んだ幼稚園児時代、学校の図書室の本を全制覇することを目標にした小学生時代を過ごし、立派な本の虫になりました。
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です