純文学の書評

【夢野久作】『キャラメルと飴玉』のあらすじ・内容解説・感想

『キャラメルと飴玉』は、似たり寄ったりのキャラメルと飴玉がケンカをするお話です。

今回は、『キャラメルと飴玉』のあらすじと内容解説、感想をご紹介します!

『キャラメルと飴玉』の作品概要

著者夢野久作(ゆめの きゅうさく)
発表年1922年
発表形態新聞掲載
ジャンル短編小説
テーマ喧嘩両成敗

『キャラメルと飴玉』は、1922年に「九州日報」(12月7日)で発表された夢野久作の短編小説です。「九州日報」は、福岡県を中心に販売されていた地方紙で、福岡県出身の久作はたびたび九州日報で小説を発表しました。

『キャラメルと飴玉』もそうですが、九州日報に掲載される久作の作品は、擬人化したものやユーモアに富んだものが多いです(『キューピー』『きのこ会議』など)。

『キャラメルと飴玉』には、お菓子同士の可愛らしいケンカが描かれています。Kindle版は無料¥0で読むことができます。

著者:夢野久作について

  • 日本の探偵小説三大奇書『ドグラ・マグラ』の著者
  • 書簡体小説を書いたり、独白体を用いることが多い
  • 小説家、詩人、禅僧、陸軍の軍人、郵便局長という経歴を持つ

夢野久作は、奇抜・幻惑という言葉がぴったりな人物で、他の作家とは一線を画しています。三大奇書に分類され、「読むと精神に異常をきたす」という衝撃的な広告文がつけられた『ドグラマグラ』を書きました。

久作の作品では、書簡体(手紙の連なりで展開していく手法)や、独白体(主人公が1人でつぶやくように語る手法)がよく用いられています。また、久作は様々な職業を経験した特異な作家です。

『キャラメルと飴玉』のあらすじ

お菓子箱の中で、キャラメルと飴玉がケンカを始めました。他のお菓子たちも加勢し、収拾がつかなくなってしまいましたが、意外な形で終わりを迎えます。

登場人物紹介

キャラメル

飴玉にケンカを売る。日本のお菓子をバカにする。

飴玉

キャラメルにケンカを売られる。西洋のお菓子をバカにする。

お母さん

お菓子箱を開けた坊っちゃんのお母さん。

『キャラメルと飴玉』の内容

この先、夢野久作『キャラメルと飴玉』の内容を冒頭から結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください。

一言で言うと

お菓子の東西戦争

お菓子のケンカ

お菓子箱の中で、キャラメル飴玉がケンカを始めました。キャラメルは、「俺なんぞちゃんと着物を着て四角いおうちにはいっているんだぞ」と飴玉を挑発します。飴は、「日本にいるなら日本らしい名前をつけろ」と言い返します。

キャラメルは、「牛乳が入っているから貴様よりずっと上等だ」と言い、飴は「おれだってニッキがはいってるんだ」と対抗します。

そのうちに、ミンツやボンボン、チョコレート、ドロップスなどのキャラメルの仲間や、元禄や西郷玉、花林糖、有平糖(あるへいとう。飴の一種)などの飴玉の仲間も加勢して取っ組み合いになります。そして、皆くっついて動けなくなってしまいました。

喧嘩両成敗

お菓子箱を開けた坊っちゃんは、「お母さん。お菓子が喧嘩をしている」と叫びました。

お母さんは、「一緒にしまってはいけないと言ったではありませんか。私がこわして上げるから、食べておしまいなさい」と言って、お菓子のかたまりを金槌で壊してしまいました。

『キャラメルと飴玉』の解説

語り手は誰?

『キャラメルと飴玉』の語り手は、普通に考えれば物語の全体を俯瞰(ふかん)している、完全な第三者です。しかし、語り手はお菓子箱を開けた「坊っちゃん」だと考えることもできると思います。

根拠は、キャラメルと飴玉のケンカが実際に起きているものではなく、単なる想像だとしたときに、そうした想像をしうるのは坊っちゃんだけだからです。

飴やキャラメルが、お菓子箱の中でいつの間にか1つの塊になっている光景を「ケンカした」とみなすのは、非常に子供らしくてかわいい発想だと思います。

『キャラメルと飴玉』の感想

オチが面白い

1000文字に満たないショートショート(小説の中でも特に短いもののこと)ですが、会話文が効果的に用いられていて、筋の通った物語になっています。

キャラメルが主導になって話を広げ、それに飴玉が言い返すという形式なので、若干キャラメルの方が優位に立っているような気がしますが、両者は仲間を巻き込んで大乱闘を繰り広げます。

 

またオチが面白く、まさに「母は強し」という言葉がぴったりの終わり方だと思いました。「九州日報」に掲載されている久作の作品は、この手の終わり方をする傾向にあります。

最初に小さい世界での出来事が描かれていて、最後にその小さい世界を凌駕(りょうが)する大きい世界の住人によって、ぷつりと物語が断ち切られるような終わり方です。

後を引く感じがなく、潔ささえ感じるこの締め方は、久作の持ち味なのではないかと思います。

最後に

今回は、夢野久作『キャラメルと飴玉』のあらすじと内容解説・感想をご紹介しました。

あまり読解に頭を使わないため、休憩がてらに読むような小説だと思いました。ぜひ読んでみて下さい!

↑Kindle版は無料¥0で読むことができます。

ABOUT ME
yuka
yuka
本が大好きな女子大生です。 図書館にこもって貪るように絵本を読んだ幼稚園児時代、学校の図書室の本を全制覇することを目標にした小学生時代を過ごし、立派な本の虫になりました。
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です