純文学の書評

【谷崎潤一郎】『途上』のあらすじ・内容解説・感想

『途上』』は、近代日本の探偵小説の一例として有名な作品であると同時に、完全犯罪を描いた小説でもあります。

今回は、谷崎潤一郎『途上』のあらすじと内容解説、感想をご紹介します!

『途上』の作品概要

著者谷崎潤一郎(たにざき じゅんいちろう)
発表年1920年
発表形態雑誌掲載
ジャンル短編小説
テーマ探偵小説

『途上』は、1920年に文芸雑誌『改造』で発表された谷崎潤一郎の短編小説です。探偵が、犯人に直接種明かしをする形式をとる小説です。

谷崎より8歳年下で、谷崎に傾倒した江戸川乱歩は、「大正6年『ハッサンカンの妖術』大正7年の『金と銀』『白昼鬼語』大正9年の『途上』などが谷崎怪奇文学の頂上期をなしている」としています。

実際に、『途上』を含む作品が日本の探偵小説に与えた影響は大きいです。Kindleでは無料¥0で読むことができます。

著者:谷崎潤一郎について

  • 耽美派作家
  • 奥さんを友人に譲るという事件を引き起こす
  • 大の美食家
  • 生涯で40回の引っ越しをした引っ越し魔

反道徳的なことでも、美のためなら表現するという「唯美主義」の立場を取る耽美派の作家です。社会から外れた作品を書いたので、「悪魔」と評されたこともありました。

しかし、漢文や古文、関西弁を操ったり、技巧的な形式の作品を執筆したりして、今では日本を代表する作家として評価されています。

死んでも踏まれ続けたい。谷崎潤一郎の略歴・作風をご紹介80年の生涯で40回も引っ越しをしたり、奥さんを友達に譲ったり、度が過ぎる美食家だったりと、やることが規格外の谷崎潤一郎。 今回は...

『途上』のあらすじ

サラリーマンの湯河は、妻にプレゼントを買うために足早に帰路についていました。そんな時、湯河は突然安藤という探偵に呼び止められます。

安藤は、湯河の前妻が病気で亡くなったことや、今の妻とは正式な手続きを踏んだ夫婦でないことを指摘されて、驚きます。そして、安藤は前妻の死因について深堀りしていくのでした。

登場人物紹介

湯河(ゆかわ)

エリートサラリーマン。帰宅途中に探偵に声をかけられ、話をする。

安藤

私立探偵。仕事帰りの湯河に話を聞く。

『途上』の内容

この先、谷崎潤一郎『途上』の内容を冒頭から結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください。

一言で言うと

妻殺し

私立探偵

ある日の夕暮れ、帰宅途中の湯河は、見知らぬ男に声をかけられます。差し出された名刺を見ると、「私立探偵 安藤一郎」とあります。湯河は、もらったボーナスで妻にプレゼントを買おうとしていたので、急に呼び止められて気分を害します。

しかし、安藤は湯河の知り合いからの紹介で来たというので、断ることもできず、歩きながら話をすることになりました。

 

安藤は、「あなたの結婚についてお伺いしたいのです」と言います。「僕はもう結婚していますよ」と反論すると、「法律上はまだでしょう」と安藤は言いました。

実は、湯河の妻の両親は結婚に賛成していないため、2人は正式な夫婦ではなかったのです。湯河は、安藤のリサーチ力に驚きました。

前妻

安藤は、湯河の前妻の話をしました。彼女はすでにチフスで亡くなっていたのです。そして、湯河の前妻はたびたび事故に巻き込まれていて、安藤はそのことについて話し出しました。

1つ目の事故は、前妻が乗ったバスの衝突事故です。安藤は、「あなたにも責任があるのですよ」と言いました。「なぜなら、あなたは電車ではなくバスで行くよう奥さんに指示したからです」。

 

このことに関して、湯河は「インフルエンザになった後だから、電車のような人ごみを避けなければならなかった」と言いました。探偵は納得しますが、「奥さんが、事故が起きた時に被害が大きい1番前の席にいたのはなぜですか?」と聞きます。

「インフルエンザを防ぐには、なるべく風上にいた方がいいから……」と湯河は答えました。さらに安藤は、湯河が前妻に飲酒や喫煙の習慣をつけさせたことを指摘しました。

目的

ここから、安藤によって湯河の悪事が暴かれていきます。湯河は、このようにして前妻の心臓を弱らせておきました。そして、肺炎かチフスに感染するよう生の水を飲ませます。当時、まだ生の水は処理がきちんとされておらず、細菌の温床だったからです。

そして、再びインフルエンザが流行し、親戚が感染したので、湯河は前妻をそこへ見舞いに行かせます。前妻はインフルエンザになりましたが、運よく治りました。

前妻はなかなか死なないので、湯河はガスストーブのガスを部屋に充満させて、窒息死させようとしました。これが2つ目の「事故」です。しかし、前妻は目を覚ましたのでこれも失敗に終わりました。

次に、湯河は庭に木を植えたり、池を掘ったり、トイレを西日が当たる場所に移動させたりしました。蚊とハエを発生させるためです。そして、とうとう前妻はチフスで亡くなりました。

 

湯河は、内縁の妻であった現在の妻と結婚したいと思っていて、そのためには前妻に死んでもらう必要があったのです。すべて種明かしされた湯河は、恐怖で震えが止まりません。

そしてたどり着いたのは、安藤の事務所でした。中には前妻の両親がいます。「あはははは、もういけませんよ」安藤は高らかに笑いました。

『途上』の解説

モデルは?

「湯河」が谷崎、「前妻」が谷崎の最初の妻である石川千代子、「現在の妻」が千代子の妹のせい子をモデルにしていると言われています。

谷崎は実人生で、実際は千代子の妹のせい子に惹かれていたのですが、千代子と結婚しました。しかし、せい子への思いを抑えきれず、谷崎はせい子と同棲を始めてしまいます。

千代子とせい子は、正反対の性格です。千代子は旧式で伝統的な日本人女性で、控えめで従順な性格です。

対して、妹のせい子は西洋的でオープンな性格で、自由奔放な女性だったと言われています。谷崎は、そういう勝気な女性が好きなので、せい子に惹かれたのでした。

 

たとえフィクションでも、別の女性と結ばれるために妻を殺したいという気持ちを抱くのは、おそろしくて鳥肌が立ちました。しかも、湯河は犯行を完全犯罪にするために、殺意がないように見せました。

前妻の身体を気遣ったふりをしながら、湯河が今か今かと前妻の死期を待っている様子は、純粋な殺意よりも怖い気がします。

『途上』の感想

心理戦を描く探偵小説

文庫本で30ページくらいの短い小説で、ほぼ探偵による種明かしです。推理をする過程が描かれないので、事件を解決する過程を楽しむと言うよりは、追い詰められる湯河とじわじわ追い詰める安藤の心理戦を楽しむ、という感じです。

どんどんトリックが明かされて、すっきりしていくのを見たい人におすすめです。私は、推理小説は情報量が多すぎるので苦手でが、推理小説の一番おいしいところだけがクローズアップされているので、苦を感じることなく読めました。

 

また、湯河の態度の変化も面白かったです。最初、湯河は堂々としていて、探偵に対しても「話を聞かせてやる」くらいの横柄な態度で接していました。

しかし、次々と種明かしをされるうちに、立場があやうくなるのを感じて自信を無くしていきます。

弱った湯河に追い打ちをかけるように、「あはははは、もういけませんよ」とサイコパスのように言うのが、とても怖かったです。そういう人間の心理の移り変わりが、見事に描き出されていると思いました。

最後に

今回は、谷崎潤一郎『途上』のあらすじと内容解説・感想をご紹介しました。

普通の推理小説とは一味違う小説なので、ぜひ読んでみて下さい!

↑Kindle版は無料¥0で読むことができます。

ABOUT ME
yuka
yuka
本が大好きな女子大生です。 図書館にこもって貪るように絵本を読んだ幼稚園児時代、学校の図書室の本を全制覇することを目標にした小学生時代を過ごし、立派な本の虫になりました。
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です