純文学の文豪図鑑

死んでも踏まれ続けたい。谷崎潤一郎の略歴・作風をご紹介

80年の生涯で40回も引っ越しをしたり、奥さんを友達に譲ったり、度が過ぎる美食家だったりと、やることが規格外の谷崎潤一郎。

今回は、谷崎潤一郎の略歴と、作風をご紹介します!

谷崎潤一郎の基本データ

本名 谷崎潤一郎(たにざき じゅんいちろう)
出身地 東京市 日本橋区 蠣殻(かきがら)町
生きた時代 1886年(明治初期)~1965年
代表作 『刺青』『卍』『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』
流派/同時代作家 耽美(たんび)派/澁澤龍彦・江戸川乱歩・夢野久作・三島由紀夫
恩師 永井荷風(ながい かふう)
ライバル 芥川龍之介
性格(主観入ってます) 強引・強欲
キーワード(主観入ってます) 愚、マゾヒズム、悪女、美、母性、西洋、無道徳

谷崎潤一郎の略歴

幼少期~青年期

1886年、谷崎は江戸情緒の残る東京の蠣殻町(現・人形町)に生まれました。谷崎の祖父は、一代で資産をなした優秀な商人で、幼い頃は比較的裕福な暮らしをしていました。

ところが、商売下手な谷崎の父が事業で失敗したことをきっかけに、家計は苦しくなります。15歳で小学校を卒業後、学費が用意できなかったため、一時は中学校進学が危ぶまれました。

しかし、周囲の援助のおかげでなんとか進学し、19歳で中学校を卒業します。そして21歳で東大の国文科に入学しますが、授業をさぼりまくっていたことと、授業料を払えなかったことがきっかけで、退学処分になりました。

しかし、在学中に積極的に作品を発表しており、谷崎は永井荷風に才能を認められていました。そのため、退学後も作家として活躍します。

20代

谷崎は、29歳で石川千代子と結婚します。本当は、谷崎は千代子の妹のせい子に惹かれていたのですが、千代子と結婚しました。しかし、せい子への思いを抑えきれず、谷崎はせい子と同棲を始めてしまいます。

谷崎に捨てられた千代子を、谷崎の友人の佐藤春夫が慰めます。やがて2人は恋愛関係に発展し、谷崎は千代子を佐藤に譲る約束をしました。ところが、自由奔放なせい子は他の男性のもとに行ってしまいます。

そのため寂しくなった谷崎は、土壇場で譲る約束を無かったことにしてしまいました。谷崎と佐藤は、これを機に絶交します。この一連の出来事は「小田原事件」と呼ばれ、当時大変な注目を集めました。

30代

そして1923年、谷崎は37歳のときに関東大震災を経験します。母に似て地震が嫌いな谷崎は、ほとぼりが冷めるまで東京を離れようと、関西に移住します。

当初は一時的な移住でしたが、関西を気に入った谷崎は晩年まで関西で過ごし、とうとう東京に戻ることはありませんでした。

40代~晩年

41歳のとき、芥川龍之介と「理想の小説とはどんなものか」について議論を交わします。

芥川が「話らしい話のない小説(起承転結の無い、詩のような小説)」を提唱したのに対し、谷崎は「ストーリーの面白い小説」を提唱しました。議論は、谷崎が若干優位な状態で終わりました。

44歳で、谷崎は千代子と離婚します。そして、そのころには和解していた佐藤に千代子を結婚させました。これは、「細君(さいくん。奥さんの事)譲渡事件」として、話題になりました。

翌年にはまた別の女性と結婚しますが、3年後に離婚します。その翌年、49歳で長年思いを寄せていた根津松子と結婚しました。

 

戦時中も執筆を辞めることなく活動し、63歳で文化勲章を受賞しました。73歳のころから口述筆記で創作活動をし、79歳のときに病気で亡くなりました。

磯田光一『細雪(下)』「人と文学」(1955年 新潮社)

谷崎潤一郎の作風

谷崎の作品には、一貫して「愚」が描かれます。谷崎は、下等なものとされる「愚」に価値を見出し、あえてそれを描いたのでした。それには、谷崎が生まれた場所が深く関係しています。

谷崎が生まれた日本橋は、そのころ江戸情緒の残る下町でした。そのため、谷崎は歌舞伎などの江戸時代の文化に親しみます。江戸時代の文化は、 良く言えば陽気で明るく、悪く言えば下品です。

大衆の間の読み物として主流だった戯作(げさく)は、ダジャレや下ネタのオンパレードでした。さらに、江戸時代は性に関してかなりオープンな雰囲気がありました。そしてそれらの「愚」は、近代化するにつれて失われていきます。

谷崎は、自分だけは失われていく「愚」を描き続けようとしたのです。

 

作風の全体像としては、「愚」という大きなテーマとなる幹があって、そこから西洋趣味だったり、日本文化だったりに枝分かれしていくようなイメージです。出来事や時期で分けてみました。

東大在学中

谷崎にとって、「美・悪・女」は同じ意味です。『刺青』では女の食い物になる男性の姿が描かれました。一見、誰かに隷属することは良くないことも様に思われます。

しかし、「愚」という美徳を持った人は、自ら愚かになる(服従・隷属する)ことに価値を見出すため、自分を殺して相手の言いなりになり、そこに充実感を覚えます。そのため、谷崎はマゾヒストと言われるのです。

 

また、そのやり方が極端だったりする(醜いことや、汚いこと、異常なことを描き、その中に美と感動を見いだそうとする)ため、谷崎は悪魔主義者と評されることがあります。

この頃の作品は、『刺青』『麒麟』『少年』『幇間(ほうかん)』『秘密』など。リンクを張った新潮社の短編集は、『麒麟』以外の作品が全て収録されているので、1冊持っておいて損はないと思います。

『刺青』

created by Rinker
¥572
(2020/10/20 03:34:41時点 Amazon調べ-詳細)

ページ数 273ページ
出版年 1968年
出版社 新潮社

関東大震災後

関西に移住した谷崎は、当時の妻・千代子の妹のせい子をモデルに、『痴人の愛』を執筆します。この作品には、西洋へのあこがれが色濃く出ています。

昭和に入ってからは、次第に日本の伝統に向かっていきます。古典を題材にしたり、関西弁を使った小説が増えていきます。

 

このころの作品は、『痴人の愛』『蓼食う虫』『吉野葛』『春琴抄』『陰翳礼讃(いんえいらいさん)』など、『陰翳礼讃』は、ものすごく有名なエッセイです。一般教養として読むことをおすすめします。

日本の文化が「陰」の視点から捉えられていて、一気読みするくらい面白かったです。

『陰翳礼讃』

created by Rinker
KADOKAWA
¥528
(2020/10/20 03:34:42時点 Amazon調べ-詳細)

ページ数 192ページ
出版年 2014年
出版社 KADOKAWA/角川学芸出版

戦中戦後

戦時中は、『細雪(ささめゆき)』が書かれます。関西のお金持ち4姉妹の優雅な生活が描かれ、現代版『源氏物語』とも言われています。

しかし、「質素倹約」が当たり前だった風潮と対立し、政府から発禁処分を受けます。谷崎は、それでもめげずに書き続け、戦後に完成させました。

 

晩年も女性へのあこがれや「愚」を描く姿勢は変わることなく、『瘋癲(ふうてん)老人日記』では、「女の足をかたどった墓石の下で、死んでも踏まれ続けたい」 と書くほどです。

この頃の作品は、『細雪』『少将滋幹(しげもと)の母』『鍵』『夢の浮橋』『瘋癲老人日記』など。一般的に、「谷崎=細雪の人」と認識されているので、『細雪』は必読です!

『細雪(上)』

created by Rinker
¥605
(2020/10/20 03:34:43時点 Amazon調べ-詳細)

ページ数 352ページ
出版年 1955年
出版社 新潮社

最後に

今回は、谷崎潤一郎の略歴と作風をご紹介しました。

日本を代表する作家である一方で、生涯で3回の結婚をするなど、かなり変わった生活を送った人物です。こうした、一般人がなかなかしないような経験をたくさんしているからこそ、素晴らしい作品を世に送り出せたんだなと感じます。

ABOUT ME
yuka
yuka
本が大好きな女子大生です。 図書館にこもって貪るように絵本を読んだ幼稚園児時代、学校の図書室の本を全制覇することを目標にした小学生時代を過ごし、立派な本の虫になりました。
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です