純文学の書評

【太宰治】『満願』のあらすじ・内容解説・感想

『満願』は、わずか1500字の超短編小説です。ほんの数分で読めてしまう作品ですが、読後は爽やかな気持ちになる作品です。

今回は、太宰治『満願』のあらすじと内容解説、感想をご紹介します!

『満願』の作品概要

著者太宰治(だざい おさむ)
発表年1938年
発表形態雑誌掲載
ジャンル短編小説
テーマ解放

『満願』は、1938年に雑誌『文筆』で発表された太宰治の短編小説です。原稿用紙数枚の非常に短い作品です。夏の伊豆を舞台に、主人公が見た女性の清廉さが描かれます。人間の本能が、爽やかに表現されている小説です。Kindleでは無料¥0で読むことができます。

created by Rinker
文藝春秋
¥781
(2020/12/05 15:03:45時点 Amazon調べ-詳細)

この小説には、太宰の代表作である『人間失格』や『走れメロス』を含む計11篇が収録されています。

著者:太宰治について

  • 自殺を3度失敗
  • 青森の大地主の家に生まれた
  • マルキシズムの運動に参加するも挫折した

坂口安吾、伊藤整と同じ「無頼(ぶらい)派」に属する作家です。前期・中期・後期で作風が異なり、特に中期の自由で明るい雰囲気は、前期・後期とは一線を画しています。太宰については、以下の記事をご参照ください。

太宰のことがまるわかり!太宰治のプロフィール・作風をご紹介皆さんは、太宰治という作家にどのようなイメージを持つでしょうか?『人間失格』や自殺のインパクトが強いため、なんとなく暗いと考える人が多い...

『満願』のあらすじ

主人公の私は、酔っ払ってケガをし、近くの町医者に駆け込んだことをきっかけに、その医者と仲良くなります。そして毎朝、新聞を読みに医者の元へ行くようになりました。そこで、私は薬を取りに来る女性を見かけます。

登場人物紹介

主人公。けがの手当てをしてもらったことがきっかけで医者と仲良くなり、新聞を読むために医者の家を訪ねるようになる。

医者

32歳。ある夜、主人公を手当てしたことがきっかけで、主人公と仲良くなる。西郷隆盛に似ている。

女のひと

ある小学校の先生の奥さん。よく医者のもとに薬を取りに来る。

『満願』の内容

この先、太宰治『満願』の内容を冒頭から結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください。

一言で言うと

3年越しの願いが叶う話

医者との出会い

4年前の夏の夜、主人公のは自転車をこいでいました。しかし、酔っていたため、私は転んでけがをしてしまいます。急いで町医者のもとに行くと、同じく酒に酔った医者が出てきました。私と医者は、思わず顔を見合わせて笑いました。

若い女のひと

その日から、私は医者の家に足しげく通うようになります。医者の家では新聞を5紙取っていたので、それを読むためでした。毎朝、散歩のついでに寄って、縁側に腰かけて医者の奥さんが出してくれる麦茶を飲みながら、私は新聞をめくります。

縁側から4m位離れたところを小川が流れていて、そこに沿って自転車を走らせる牛乳配達の青年が、毎朝「おはようございます」と私にあいさつしました。

 

その時、若い女のひとが薬を取りに来ました。ワンピースに下駄をはいた清潔な感じのひとです。医者は、その女のひとに「奥さま、もうすこしのご辛抱ですよ」と言いました。

お医者の奥さんが、そのわけを説明してくれます。女のひとの夫は、3年前に肺を悪くして、徐々に回復しているのです。そのため、医者は「今が大事」と言って、夫婦生活を禁じたのでした。

 

8月の終わりの朝、ワンピースを着た清潔な女のひとが、飛ぶように歩いているのを私は見ました。女のひとは、白いパラソルをくるくるっと回しました。医者の奥さんは、「今朝、おゆるしが出たのよ」と私に言います。

私は、その姿を美しく感じました。それを見てから数年経ちますが、月日がたつほど、その姿は美しく思われるのです。

『満願』の解説

なぜ夏の暑さが描かれないのか?

この小説は、夏の伊豆が舞台となっています。しかし、夏の暑さは作品では全く触れられていません。結論から言うと、「純潔さを描くのに不要だから」です。以下で詳しく見ていきます。

「感想」でも書いたように、『満願』には清涼感や心地よさが描かれています。例えば、主人公と医者が初めて会った夜に飲んだビールや、奥さんが出してくれた麦茶は、夏の暑さを吹き飛ばす爽やかなものとしてイメージできます。

また、医者の家の近くを流れる小川や、毎朝あいさつしてくれる牛乳配達の青年も、主人公の気持ちを晴れ晴れとさせる大事な要素です。さらに、女のひとはワンピースに下駄、白いパラソルなど、夏にぴったりな明るい印象を与えるように書かれています。

 

もしここに、「蒸し暑い」「汗が止まらない」というような描写があったらどうでしょうか?入念に作りこまれた、爽やかな夏のイメージがぶち壊れますよね。

太宰は、飲み物とか風景とかを使って、女のひとの清潔さを最大限にするように仕組みました。そのため、そのイメージの邪魔をする「暑さ」は描かれなかったのです。

三谷 憲正 「太宰治「満願」試論:読解の試み」(京都語文 1997年10月)

『満願』の感想

テーマは何?

医者が何を禁じたか、本文には明記されていませんが、おそらく夫婦生活のことを指しています。本文が短くて情報量が少なく、解釈が難しいですが、「一途な愛の純潔さ」「性が女をよみがえらせること」というのがキーワードかなと思いました。

まずは、「一途な愛の純潔さ」についてです。解説でも触れますが、この小説には清涼感や心地よさが書き込まれています。そして女のひとは、しつこいくらい「清潔」と表されています。

これは、女のひとが貞操を守ったことを、主人公が評価しているからではないでしょうか?太宰は、多くの女性遍歴を持っていることで有名です。もしかしたら、太宰は自分は持てない「清潔さ」に憧れていたのかもしれません。

 

次は、「性が女をよみがえらせること」についてです。医者からの「おゆるし」が出る前の女のひとは、清潔ではありながらも枯れた状態です。そんな女性が、飛ぶように歩いてパラソルをくるくる回している様子は、さぞ可愛らしく見えたと思います。

だからこそ、3年越しに満願成就した女のひとが、主人公には美しく見えたのだと思います。

最後に

今回は、太宰治『満願』のあらすじと内容解説・感想をご紹介しました。

「太宰は、堕落した生活ばかり書いてるわけじゃないんだ」と思えた小説です。青空文庫でもたった4ページの短い作品なので、ぜひ読んでみて下さい!

青空文庫 太宰治『満願』

↑Kindle版は無料¥0で読むことができます。

ABOUT ME
yuka
yuka
本が大好きな女子大生です。 図書館にこもって貪るように絵本を読んだ幼稚園児時代、学校の図書室の本を全制覇することを目標にした小学生時代を過ごし、立派な本の虫になりました。
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です