純文学の書評

【三島由紀夫】『潮騒』のあらすじ・内容解説・感想|名言付き

漁師と海女の純粋で素朴な恋愛が描かれる『潮騒』。何度も映画化されるほど大人気で、三島の代表作と言える作品です。

今回は、三島由紀夫『潮騒』のあらすじと内容解説、感想をご紹介します!

『潮騒』の作品概要

created by Rinker
¥222
(2020/12/01 13:22:51時点 Amazon調べ-詳細)

著者三島由紀夫(みしま ゆきお)
発表年1954年
発表形態書き下ろし
ジャンル中編小説
テーマ恋愛

『潮騒』は、1954年に発表された三島由紀夫による書き下ろしの中編小説です。若くて純粋な漁師と海女の恋愛が描かれています。三重県の歌島(うたじま)が舞台となっており、1954年から5度に渡って映画化されました。

2013年に放送されたテレビドラマ「あまちゃん」に登場する架空の映画「潮騒のメモリー」には、『潮騒』をパロディ化した内容が含まれています。Kindle版は無料¥0で読むことができます。

著者:三島由紀夫について

  • 小説家、政治活動家
  • ノーベル文学賞候補になった
  • 代表作は『仮面の告白』
  • 割腹(かっぷく)自殺した

三島由紀夫は、東大法学部を卒業後に財務省に入省したエリートでしたが、のちに小説家に転向します。ノーベル文学賞候補になったこともあり、海外でも広く認められた作家です。同性愛をテーマにした『仮面の告白』で一躍有名になりました。

皇国主義者の三島は、民兵組織「楯の会」を結成し、自衛隊の駐屯地で演説をした後に割腹自殺をしました。

『潮騒』のあらすじ

歌島という文明から隔絶されたような小さな島に、新治という18歳の漁師が暮らしていました。ある日、新治は島で初江という少女に出会います。

初江は村の有力者の娘で、養子に出された後に島に戻ってきたのでした。新治は、初江の名前を聞くだけで動悸がするようになります。その後、2人は何度か会って仲を深めます。

そんなとき、新治に思いを寄せていた千代子が初江の悪い噂を流します。それを知った初江は父親は、初江が新治と会うことを禁止してしまいました。しかし、2人の思いは募ります。

冒頭文紹介

『潮騒』は、以下の一文からはじまります。

歌島は人口千四百、周囲一里に充たない小島である。

冒頭では、歌島についての説明がされています。特に、「文明から離れている」というところが強調されています。

登場人物紹介

新治(しんじ)

18歳の無口な漁師。父は戦時中に亡くなり、母と弟と暮らしている。

初江(はつえ)

照吉の末娘の海女。養子に出されていたが、兄が亡くなったため実家に呼び戻された。

照吉(てるよし)

初江の父。跡取り息子を亡くしたため、養子に出していた未婚の初江を呼び戻し、婿を迎えようとする。

千代子(ちよこ)

東京の女子大に通う19歳の娘。春休み中に島に帰省している。新治に気がある。

安夫(やすお)

島の権力者の19歳になる息子。初江と結婚しようとしている。

『潮騒』の内容

この先、三島由紀夫『潮騒』の内容を冒頭から結末まで解説しています。ネタバレを含んでいるためご注意ください。

一言で言うと

三島史上最も純情な恋愛物語

初江との出会い

三重県の歌島で漁師をしている新治は、貧しい家で母と弟と暮らしています。ある日、新治は浜で見覚えのない少女を見かけ、なんとなく心惹かれました。

その少女は初江といって、島の有力者である宮田照吉の娘でした。初江は養子に出されていましたが、照吉の跡取り息子が亡くなったため、島に呼び戻されたのです。

新治は、いつしか「初江」という名前を聞くだけで胸をときめかせるようになりました。そんな中、村のいろいろな場所で顔を合わせることが増えた2人は、次第にお互いのことを意識し出し、惹かれ合っていることに気づきます。

悪い噂

雨の降る日に、2人は待ち合わせをしました。早く来た新治は、火をたいているうちに眠ってしまいます。ふと目を覚ますと、初江が濡れた肌着を脱いで乾かしていました。

裸を見られた初江は、新治にも裸になるように言います。2人は抱き合いますが、初江は「今はいかん。私、あんたの嫁さんになることに決めたもの」と言いました。

 

あるとき、東京から実家のある島に戻っていた千代子は、新治と初江が一緒にいるところを見てしまいます。新治に気があった千代子は初江に嫉妬し、初江との結婚を意識していた安夫に告げ口しました。

やがて、新治と初江の噂は初江の父の照吉の耳にも入り、照吉は初江が新治が会うことを禁止します。そのため、2人はこっそり手紙を交換して交流を続けました。

そんな健気(けなげ)な2人に手を貸したのは、新治の親方です。彼は、仲間に手紙の配達の手助けをするよう言ってくれました。また、年配の海女たちは新治と初江の悪い噂が嘘だと主張してくれます。

試練

そんなとき、新治はある船の船長から「見習いとして船に乗らないか」と誘われました。実はその船は照吉のもので、照吉は初江との婚約の条件として、新治と安夫に修行の機会を与えたのでした。

ここで船に乗って手柄を立てれば、安夫に勝てるかもしれないと思った新治は、不安と希望を胸に船に乗ることを決めました。

 

ある嵐の夜、新治と安夫は港のブイと船をつなぐワイヤーを監視していました。切れてもすぐ対応できるようにするためです。

やがてワイヤーは切れてしまい、船の持ち主である照吉は「誰か、命綱と船をつないでくるやつはおらんか」と乗組員にたずねます。

安夫は唇を震わせておびえていましたが、新治は「俺がやります」と名乗り出て海に飛び込み、命綱とブイをつなぎました。そのおかげで、船は救われました。

帰港したあと、千代子の母親や海女たちの好意で、新治と初江はもとの仲に戻ります。照吉は新治の活躍を見て、新治を初江と結婚させることを決めました。願いを叶えた新治と初江は、灯台から美しい夜の光を眺めました。

『潮騒』の解説

歌島と三島由紀夫

歌島(うたじま)は、歌島(かじま)、神島(かみしま)とも呼ばれる三重県にある島です。人口は300人ほどの小さな島ですが、三島はなぜ歌島を舞台に選んだのでしょうか?

『潮騒』執筆前の三島は世界旅行をしており、そこで古代ギリシアのイメージと重なる「神々」を題材にした作品を書こうと思いつきます。

神が感じられるということは、科学技術の影響を受けていないということです。そこで三島は「都会の影響を受けていない美しい漁村」を舞台として選び、歌島と出会ったのでした。

『潮騒』の感想

健全な物語

『潮騒』は、発表される1年前に刊行された『禁色(きんじき)』に比べて、純粋な恋愛が描かれていると感じました。

『禁色』では、男性同士の恋愛や一夜限りの恋愛が繰り広げられますが、『潮騒』ではそれとは真逆の健全で一途な恋愛が描かれます。

『禁色』を一言で言うなら「不埒(ふらち。けしからぬこと)」で、『潮騒』を一言で言うなら「道徳的」というのがぴったりだと思います。

 

また、タイトルが『潮騒』である理由について考えました。私は、説明しがたい初恋の胸さわぎと、ざわざわと寄せる潮騒が重ねられたのではないかと思いました。もちろん、漁村とリンクしているというものあると思います。

『潮騒』の名言

嵐の夜を乗り越えた朝の、新治の心情です。このとき新治は初江の写真を見ていたので、初江は「私の写真のおかげで、新治は試練を乗り越えたんだ」と思います。しかし、新治は「自分の力できる抜けたんだ」と思うのです。

普通に考えたら、「恋人のおかげで頑張れた」とした方がまとまりが良い気がします。しかし、あえてこのような文を最後の一文にしたのが興味深いです。

年頃の驕慢(きょうまん。おごること)な初江の存在を強調している気もしますし、戦いに勝った新治の強さを表しているようにも受け取れます。

最後に

今回は、三島由紀夫『潮騒』のあらすじと内容解説・感想をご紹介しました。

『仮面の告白』『金閣寺』『禁色』という三島のそれまでの作品は、血・背徳・肉・反逆・異常・偏愛というおどろおどろしいキーワードで語れるものでした。

一方で『潮騒』では、難しいことは何も起こらず、素直で単純な恋愛が描かれます。そのため、三島の作品の中でもかなり異質な存在です。とても読みやすいので、三島初心者におすすめです!まだ著作権が切れていないため、青空文庫では読めません。

created by Rinker
¥222
(2020/12/01 13:22:51時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
yuka
yuka
本が大好きな女子大生です。 図書館にこもって貪るように絵本を読んだ幼稚園児時代、学校の図書室の本を全制覇することを目標にした小学生時代を過ごし、立派な本の虫になりました。
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です